スプレッドは各社でどのくらい違うのでしょうか?

更新日 2020年4月9日

このページの概要

詳しく解説

単純にFX各社のスプレッドを比較してみると分かりやすいと思います。以下、人気FX会社の米ドル円(USD/JPY)、ユーロ米ドル(EUR/USD)、ユーロ円(EUR/JPY)の3通貨ペアのスプレッドを比較してみましょう。

FX会社別のドル円/ユーロドル/ユーロ円のスプレッド

※社名クリックで業者の口コミ・評判ページへ

以上、FX各社のスプレッド比較表となりますが、スプレッドが狭い業者を選びたいのなら、↓のスプレッドランキングから順に選べば間違いありません。 FX比較.tokyo/spread-comparison-2/

しかし、スプレッドだけがFX会社選別の決め手となるわけでなく、その他にも選別において留意すべき点があります。

例えば、あなたが気になるFX会社は、提示する原則固定のスプレッドをどんな状況でも提示できるだけのシステム力を兼ね備えているでしょうか?USD/JPYスプレッドが原則固定の0.2銭だとしても、常に固定して提示できるだけのサーバーの強さや約定力がないならば、その0.2銭という表示には意味がありません。

最悪、そのFX会社を利用するトレーダーはスリッページなどによる損失を被ることになり兼ねないのです。スプレッドの狭さは大切ですが、スプレッド以外に注意すべき点があることをお忘れなく。 スリッページとは?

ちなみにスプレッドは少しだけ広めですが、『 』は約定力が高さが評価されプロトレーダーも愛用しているようです。ご興味があれば是非

この記事を書いた人(著者)

著者イメージ画像

瓜生 勝(うりう まさる)

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド
■ みんなの株式 ネット証券比較プロデューサー
- 20代で「投資で飯を食べていこう!」と決断し同社に転職。「(自分のためにも)勝てる情報・勝てるツール・勝てるサービス」を探し、日々ネット証券やFX会社のサービスを調査。投資全般のマニアックな分析が好きなオタク系トレーダー。
個人的にいま好きな会社
:「サービスレベルで他社に負けない!」と言う気持ちがビシビシ伝わって来ます(^O^)

  • □ 著者: 瓜生勝
 

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。