スキャルピング・デイトレードにオススメのFX会社

更新日 2017年12月13日

スキャルピング向きのFX会社のポイントとは?

スキャルピング・デイトレードにオススメのFX会社

新規取引から決済まで数秒~数分単位で完了し, それを複数回繰り返すスキャルピング取引で重要なのは「コスト(取引手数料・スプレッド)」+「スピード」です。 ただ, それだけ言われてもピンと来ないと思います。

では、スキャルピング向きのFX会社・サービスとは何なのか?、では以下の3項目をピックアップしました。

では、なぜ上の項目がスキャルピングでポイントとなるのかを順に説明した上でおすすめのFX会社を比べてみます。

ポイント1:手数料・スプレッド

スキャルピングは1日数回~数十回、場合により数百回の取引を行う投資手法ですので取引手数料が多くかかります

1回あたりの利益も薄利になることがトレード手法のため、どれだけコストを抑えられるか、は非常に重要です。

そのためFX会社の実質的な手数料に当たるスプレッドがポイントとなるわけです。 関連:

ポイント2:為替ニュース

取引を重ねて数で利益を確保するスキャルピングでは一つの情報漏れが致命傷になる可能性があります。そのため、できるだけ情報が多いFX会社、特にタイムリーな為替ニュースを提供してくれるFX会社選びが必須となります。

値動きが激しい経済指標発表時などに外為ニュースの重要度が増すと言うことです。 関連:

ポイント3:高機能トレーディングツール

短期トレードに慣ればなるほど触れる機会の多い取引ツールは大事になります。特に重要視したいのは「テクニカル」「スピード注文」「自動利確・損切り設定」の3項目です。なぜ重要なのか、一言コメントで說明します。

【テクニカル】
・テクニカルは短期的なトレンドやサポートラインを理解するのに役に立ちます。スキャルピングでは少なくてもトレンド系1種類、オシレーター系1種類は使える必要があります。

【スピード注文】
・言わずもがなですが, スピード注文・ワンクリック注文のような1回のクリックで注文できる機能は スキャルパーには必須アイテム です。

【自動利確・自動損切り設定】
・中長期トレードではほとんど意味のない自動利確・自動損切りの設定ですが、ことスキャルピングにおいてはスピード注文に自動決済機能があるか無いかはFX会社を選ぶ上での重要選択項目です。

なお、スキャルピングはパソコン用の取引ツールが無いと難しいと言う前提で当比較ではPCトレーディングツールの機能を前提に比較しています。 関連:

スキャルピング・デイトレおすすめランキング

RANKING

上の3つのポイントを元にスキャルピングやデイトレードにオススメの業者TOP3をご紹介します。

スキャル・デイトレのおすすめ業者TOP3

スプレッドや注文機能などまさにスキャルピング向け!

評価ポイント

スキャルならここ!

スプレッド・ニュース・取引ツールなど、いずれも高スペックで提供している日本を代表するFX会社。スキャルピング・デイトレードなら外せません!

クリック証券:スキャル向けサービス
米ドル円 ユーロ円 豪ドル円
0.3銭 0.5銭 0.7銭
ニュース配信業者
Market Win24, ダウ・ジョーンズ, Klug(クルーク)
テクニカル スピード注文 利食・損切
38種類 ◎ (全面注文)
30代男性のクチコミ評価

豊富な情報を発信しており, よくニュースを読んでいる。取引ツールは素晴らしい, 日本一番使いやすいかも。 スマホアプリのチャートは非常に完成度が高い。

30代男性のクチコミ評価

自動ログインで速攻発注。決済もワンタップ。チャート表示切り替えもワンタップ。とにかく使いやすい、オススメです

今すぐ口座開設

スキャルピングで利用のトレーダー多数!

評価ポイント

キャンペーンも◎

低スプレッドはもちろん使いやすいチャート分析ソフトも用意。更に取引量に応じてのキャンペーンで食品やキャッシュバックも魅力! スキャルピング利用の投資家も多く, オススメの1社です!

ヒロセ通商:スキャル向けサービス
米ドル円 ユーロ円 豪ドル円
0.3銭 0.5銭 0.7銭
ニュース配信業者
FX-wave, Klug(クルーク)
テクニカル スピード注文 利食・損切
29種類
20代男性のクチコミ評価

ツールやチャートは個人的な好みもあるだろうが, いままで使ってきたFX業者の中では 一番使いやすいと思っています。 また取引量が増えることでキャッシュバックや食品がもらえるキャンペーンもあるので, スキャルピングを楽しみたい方には向いていると思います。

今すぐ口座開設

低スプレッド+プロも唸なるトレードツールが魅力!

評価ポイント

Tポイントも貯まる!

低スプレッドも魅力の1つですが, 何と言っても保有ポジションを全て決済する「全決済」機能がスキャルピング・デイトレード向き。取引に応じてTポイントが貰える点もGood!

ワイジェイFX:スキャル向けサービス
米ドル円 ユーロ円 豪ドル円
0.3銭 0.5銭 0.7銭
ニュース配信業者
グローバルインフォ24
テクニカル スピード注文 利食・損切
27種類 ◎ (全決済)
30代女性のクチコミ評価

ワンタッチ注文がとにかく便利! もうこの機能だけで注文はパーフェクトです! そしてニュースも見やすいのは 私的にはポイントが高いです。

20代男性のクチコミ評価

Tポイントが貯まるFX会社ということで開設しました。 実際にトレードを繰り返すとバンバン Tポイントが貯まっていきます。

今すぐ口座開設

ランキングの算出基準について

スキャルピング向きのFX会社サービスを比べる

COMPARISON

続いて, これまで定義したスキャルピングに必要な項目をFX会社が提供しているかどうか比較してみたいと思います。

私はスキャルピングをする上でのポイントを上記に書きましたが、その他にも比較項目はあるかもしれません。ではこのページ以外でも様々な比較を準備していますので興味をもった比較項目があればご覧くださいませ~

スキャルピング向けサービス比較一覧

会社名 手数料・スプレッド ニュース
配信会社
取引ツール(PC)
米ドル円 ユーロ円 豪ドル円 テクニカル スピード注文 自動利食
・損切
0.3銭 0.5銭 0.7銭 3社 38種類
前面注文
0.3銭 0.5銭 0.7銭 1社 27種類
全決済アリ
0.3銭 0.5銭 0.7銭 2社 29種類
1.0銭 2.0銭 3.0銭 3社 26種類 ×
0.3銭 0.4銭 0.7銭 2社 20種類
0.3銭 0.5銭 0.7銭 4社 17種類

※調査日:2017年8月15日

スキャルピング取引の実質手数料

スキャルピング向けのサービス一覧を表にしましたが, 次にスキャルピング取引をする上で最も気になるスプレッドを深堀して実質の手数料を出してみたいと思います。

以下の一覧は米ドル円, ユーロ円, 豪ドル円 を1万通貨で それぞれ2,500回取引した場合の実質手数料になります。 2,500回取引にしたのは各通貨を 1日10回程度トレードした場合の1年間の取引総数をイメージしています。

「スキャルピング取引した1年間の概算手数料」としてご覧ください。

スキャルピング取引の実質コスト(※1)
取引会社名 米ドル円 ユーロ円 豪ドル円
7.5 万円 12.5 万円 17.5 万円
7.5 万円 12.5 万円 17.5 万円
7.5 万円 12.5 万円 17.5 万円
25 万円 50 万円 75 万円
7.5 万円 10 万円 17.5 万円
7.5 万円 12.5 万円 17.5 万円

※調査日:2017年8月15日

※1.「調査日」のスプレッドが1年間(365日)続いた場合の理論値です。

※最安の手数料は赤字にしています。

GMOクリック証券

最後に「このサービスはどう見てもスキャルパー向け!」と思うおすすめサービスをご紹介します。

1つ目は「 」です。
↑のリンクに詳細に記載していますのでここでは多くは語りませんがオススメです!

スキャルピングをするなら一度お試下さいませ!

参考:GMOクリック証券の口コミ(一部)

40代女性のクチコミ

・ 利用者の評価:★★★★☆(4.0/5.0)

スプレッドの狭さ や スリッページ で嫌な思いをしたこともなく, デイトレーダー生活の後半では ずっとGMOクリック証券のみを使っていました。大手証券会社で信用できるし, さまざまな キャンペーン もありますので 投資を始めるなら作っておいて損はない口座です。

30代男性のクチコミ

・ 利用者の評価:★★★★★(4.5/5.0)

ワンクリックでの発注画面もすごい良いです。クリック証券はスプレッド(手数料)も狭いし機能も充実、最強なんじゃないですかね。チャートもニュースとセットで見やすくて良いですよ!

「GMOクリック証券の口コミ・評判」をもっと見る

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。