「DMM FX(Dmm.com証券)」の評判

更新日 2017年12月1日

DMMFX

使いやすいツール

DMMFX(Dmm.com証券)のLPトップ

スゴイ勢いで新規口座数を増やしているDMMFX

人気の秘密は手数料の安さ、、、も要因ですが、それだけではありません。

ここではDMMFXで口座開設をするメリットをポイントごとに説明いたします。

「DMMFX(Dmm.com証券)」のおすすめポイント

手数料の安さ(スプレッドの狭さ)は強み

「手数料の安さだけでは無い」とお伝えしたものの、やはりスプレッドの狭さは突出するべきものがあります。

現時点(2015.06月)では調査したFX会社の中ではと肩を並べてNo1のスプレッドを提供しています。

手数料0円が当たり前のFXにとってスプレッドの狭さは取引コストの安さに直結する要素です。

スプレッドはとても重要な要素ですので少しでも安いFX会社を選びましょう

使いやすく、サクサク動くDmmFXのツール群

DMMFX(Dmm.com証券)の特徴の一つとしてぜひ覚えて頂きたいのは用途に応じた優秀なツール群です。

トレーディングツールはPC向けに用途に応じて4種類、スマホ向けが端末ごとに4種類、更にその他のツールも2種類用意されています。

自分にあったツールはそれぞれ違いますので多数のツールが用意されているDmmFXでベストツールを探してみるのも方法の一つかですね。

トレーダー目線を意識したサービス

スプレッドの安さや取引ツールも十分魅力的な点ですが、その他にもDmm.com証券で口座開設するべき魅力的なサービスがあります。

例えば以下の2点はユーザには嬉しいサービスです。

■ワンクリック「決済同時発注」

・ストリーミングでのワンクリック注文時にあらかじめ設定しておいた損切り注文を同時に入れる機能です。まさにアクティブトレーダー向けの機能と言えます。

「決済同時発注」サンプル画像
↑dmmFXの「決済同時発注」

■FIFO注文

・新規注文時に反対ポジションを既に持っていると自動で反対売買をしてくれる注文です。こちらもアクティブトレーダー向けのサービスと言えます。

■売買比率(注文動向)

・各通貨ペアごとの買い注文・売り注文の比率がわかるサービスです。トレードの参考データとして重宝するのですが、国内FX会社で売買比率が見れるFX会社は多くはありません。

売買比率(注文動向)
↑dmmFXの「決済同時発注」

上記のような機能は大きな差では無いと感じるかもしれませんが、いざ必要なときに機能があるのと、無いのとでは決定的な差になります。

でご紹介した各種ツールも含めてDMMFXのユーザ視点サービスにはこれからも注目しておきたいとところです。
評価担当: (著者)

DMM FX(Dmm.com証券)の関連リンク

の特集へ
の特集へ →

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。