スワップポイントの計算方法|FXで長期運用をするなら調べてみよう

更新日 2018年6月18日

このページの概要

「スワップポイントの計算方法」の画像

詳しく解説

プロトレーダーの中には高金利通貨を長期保有してスワップだけで生活する人が数多くいます。そんなスワップ生活を密かに夢見ている人が多いのでは無いでしょうか。スワップ狙いのトレードをする場合はどの通貨を買うのが効率が良いのか、仮に1年間運用した場合の利益見込みはどのように計算すれば良いのか、をご説明したいと思います。

通貨別スワップポイントの計算方法

スワップランキングの買いスワップ上位 の豪ドル円、NZドル円、南アフリカランド円の3つの通貨を例に通貨別のスワップポイントを計算してみます以下、計算に必要なデータと必要証拠金との比較リストです。

通貨別スワップ&必要証拠金
通貨ペア 必要証拠金 スワップ(日) スワップ(年) スワップ(年)/証拠金
豪ドル 35,000円 45円 16,425円 46.9%
NZドル 33,000円 47円 17,155円 52.0%
ランド円 34,000円 130円 47,450円 139.6%

【上表の用語説明】
・必要証拠金:FXで通貨を取引する場合に必ず必要な金額です。
※レバレッジ25倍で2017年7月7日データを元にしています。
・スワップ(日):1日当たりのスワップです。
・スワップ(年):1年間で貰えるスワップの合計です。
※スワップ(日)×365で計算

【スワップ計算式】
・スワップ(年)/必要証拠金=1年間運用した場合の利益率(見込み値)

での例の場合、豪ドル円で47%、ランド円ですと約140%と、ものスゴい利率になります。これは必要証拠金をベースにしている利益見込みですので、長期運用なら少なくてもこの倍の証拠金を口座にいれておかないといけませんが、それでも銀行預金では考えられないぐらいの利益率になります。

FX会社別にスワップの利益率を計算

続いて同じ計算式でFX会社別のスワップに対しての利益率を計算してみたいと思います。

業者別のスワップ/必要証拠金
必要証拠金 (YJFX!)
豪ドル 35,000円 52.1% 46.9% 28.2% 52.1% 26.1%
NZドル 33,000円 53.1% 52.0% 38.7% 66.4% 16.6%
ランド円 34,000円 193.2% 139.6% 118.1% 161.0% 53.7%

上表で比べると各社の利益率の違いをご理解頂けるものだと思います。「たかが1日10円、されど10円」です。繰り返しになりますが、スワップポイントは毎日の積み重ねですので少しでも有利なFX会社を選びましょう。

※スワップに関するご注意※

スワップポイントはその時々の金利水準によって受取または支払の金額が変動したり、場合により受取・支払の関係が逆転する場合があります。

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。