通貨ペアのタイプに注目!取引目的が変われば取引通貨も変わる

更新日 2017年6月21日

通貨ペアの2つのタイプ

このページの概要

詳しく解説

FX取引時に取引する通貨ペアにはそれぞれに特徴がありますので、取引目的によって取引通貨ペアを選択することになります。ここでは、FX通貨ペアの基本とその概要を理解していただければと思います。

初めに、FX初心者が覚えておくべき2つのタイプ、「基本7通貨+α (メジャー通貨)」と「エキゾチック通貨 (マイナー通貨)」をご紹介します。

基本7通貨+α (メジャー通貨)

以上7種類が、一般的に基本7通貨と呼ばれているものです。その他にプラスアルファとしてこの通貨ペアも覚えておいて下さい。

・EUR/USD(ユーロ/米ドル)

こちらは、に欠かせない3大通貨ペアの一つ(他2つはUSD/JPYとEUR/USD)となっています。

エキゾチック通貨 (マイナー通貨)

マイナー通貨 または エキゾチック通貨と呼んでいます。その通貨を扱っているFX業者は少なく、流動性も悪く、しかもスプレッドが広いので短期売買には向いていません。

しかし、エキゾチック通貨の中には、スワップポイントを稼ぐのに適する高スワップ通貨がありますので、以下で挙げる通貨を覚えておきましょう。(括弧の中は通貨記号と国名)

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。