FX会社の取引可能な時間を比べてみた

更新日 2017年12月1日

FXの取引時間

FX会社の取引時間比較のイメージ画像

外国為替証拠金取引(FX)は世界中の金融機関がオンラインで繋がっている(インターバンク)ため、基本的には土日を除き24時間取引が可能です。

ただFX会社によりメンテナンス時間などを独自で用意しているため、早朝は注文が入らないケースなどが存在します。

FX会社の取引時間を比較

FX会社の平日・休日別の取引時間比較一覧

会社名 取引時間・注文受付時間 平日のメンテナンス 土日の定期メンテナンス

<取引時間>

月曜午前7:00~土曜午前7:00

<注文受付時間>

0:00~24:00

毎週土曜日8:00~9:00

<注文受付時間>

月曜日午前7:00~ 土曜日午前6:50(米国サマータイム適用時は土曜日午前5:50まで)

午前6:55~7:00(米国サマータイム適用時は午前5:55~6:00)

<取引時間>

月曜日午前7:00~ 土曜日午前6:00(米国サマータイム適用時は月曜日午前6:00~ 土曜日午前5:00まで)

取引終了後、5分程度 公式HPにて告知

<注文受付時間>

月曜日午前7:00~ 土曜日午前6:50(米国サマータイム適用時は土曜日午前5:50まで)

火曜日~金曜日 午前6時50分~7時10分(米国サマータイム適用時は午前5時50分~6時10分) 土曜日 12時00分~18時00分

<取引時間>

午前7:00~土曜日 午前6:55(夏時間適用時は土曜日 午前5:55まで)

火曜日~金曜日 午前6:55~午前7:05(夏時間適用時は火曜日~金曜日 午前5:55~午前6:05) 土曜日 午前6:55~正午(夏時間適用時は土曜日 午前5:55~正午)

<取引時間>

月曜日AM7:00~土曜日AM6:30(月曜日AM7:00~土曜日AM5:30

※ただしメンテナンス時間を除く

月曜日~金曜日AM6:30~AM7:00(夏時間適用時は月曜日AM6:30~AM7:00、火曜日~金曜日AM5:30~AM6:00) 毎週土曜日AM6:30~AM7:00(夏時間適用時は土曜日AM5:30~AM6:00)

<取引時間>

月曜午前7:00~土曜午前6:55(夏時間適用時は土曜日午前5:55まで)

※ただし平日メンテナンス時間を除く

午前6:55~午前7:10(夏時間適用時は午前5:55~6:10)

※ただし月曜は除く

毎週土曜日午前6:55~午前8:30(夏時間適用時は午前5:55~7:30)

※調査日:※調査日:2017年4月3日

※調査担当者:瓜生 勝(著者)

※調査方法:公式サイトより調査

比較のポイント

FX会社の取引時間を比較するポイントは以下の3つです。

平日の取引時間は長いほうが有利なのは言うまでもありません。ほとんどの皆さんが取引をしていない時間帯にメンテナンスを行いますが、それでも取引不可時間があると言うことは指値注文やストップ注文が入らないことがありますのでできる限り平日のメンテナンス時間が少ないFX会社が良いです。

また休日はどのFX会社も取引が出来ないですが、チャートを見ながらの振り返りや勉強などに支障が出ないようにメンテナンス時間が少ないFX会社を選ぶべきです。

為替市場の取引時間

為替市場は大きくは以下のように「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の3大市場に分類されます。それぞれの市場の取引時間は以下のようになります。

外国為替証拠金取引の取引時間

上記をご覧頂くとお分かりになるかと思いますが、ニューヨーク市場の終わりから東京市場の始まり、この時間は3大市場が閉まっているため、流動性が低くなります。

その時間でも取引自体は行われていますが、取引量が減るため、多くのFX会社ではこの時間に定期メンテナンスをすることが多いと言うわけです。

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。