FX投資には最低いくら資金が必要?

更新日 2018年10月29日

FX投資には最低いくら必要?

FXはいくらから始められる?

このページの概要

詳しく解説

外国為替証拠金取引(FX)の魅力の一つが「少額投資」ですが, 実際にFXはいくらから始められるのでしょうか?

FXはお小遣いで始められる
数千円からのFX投資」などなど

↑のようなキャッチフレーズは聞くものの, 具体的にいくらから始められるか良くわからないと思います。 はっきりと書いている記事が少ないためです。

FX比較.tokyoは本気でFX投資をしたい方のためのサイトですので「FXはいくらから始められるのか!?」を細かく説明したいと思います。

必要投資資金のキホン

まずは一般的なスーパーの買い物でイメージしてみましょう。
スーパーマーケットで「たまご」を買うとき, 1個単位で買うのではなくパック単位で買うことが普通だと思います。株やFXも全く同じで1単位で買うのでなくある程度ひとまとまりになったセットで購入することが基本なのです。

「FXの1lot」と「株の1単元」の例

先ほどの たまごの例で上げたセットが株では「単元株」, FXでは「通貨単位or取引単位(Lotとも呼びます)」に当たります。ちなみに株の「単元株」は個別銘柄ごと, FXの「通貨単位」はFX会社ごとに設定されています。

株とFXの必要投資資金の例

※株価・為替レートは記事作成当時のものです※

株取引に必要な資金例

  • 株:「トヨタ自動車」の必要投資資金
  • 必要投資資金
  • = 7,824円(株価)×100株(単元株)
  • = 782,400円

FX取引に必要な資金例

  • FX:「米ドル円」の必要投資資金
  • 必要投資資金
  • = 123円(ドル円レート)×10000(通貨単位)
  • = 1,230,000円

上では株の例としてトヨタ自動車を単元株、FXの例として米ドル円を1万通貨(は1lot=1万通貨)で購入した場合に記載しています。

上記を見ると「FXは少額投資と聞いたのに100万以上かかるの?」と思うかもしれませんが心配無用です。 これから順を追って「数千円から始められるFX投資」を説明します。

レバレッジで必要投資資金が減る

レバレッジとは?

では, レバレッジを使って必要投資金を減らします。

FXではレバレッジはよく聞くと思いますが, 株にも同じものがあります。信用取引です。 ちなみに株の信用取引レバレッジは最大で約3倍, FXのレバレッジは最大で25倍までです。

レバレッジ利用時の株取引

  • ・株:「トヨタ自動車」の必要投資資金(レバレッジ利用)
  • 必要投資資金(レバレッジ後)
  • = 782,400円 ÷ 3 ≒ 260,800円

レバレッジ利用時のFX取引

  • ・FX:「米ドル円」の必要投資資金(レバレッジ利用)
  • 必要投資資金(レバレッジ後)
  • = 1,230,000円 ÷ 25 ≒ 49,200円

必要投資資金が随分減りましたね。 FXで「数万円から始められる」と言われるのはこのレバレッジを使っているケースが多いのです。

「1セット」の縛りを外す

最初にトヨタと米ドル円の必要投資資金を計算した時に「株でもFXでもセットが基本」とお話しました。ただ証券会社やFX会社によってこのセットを減らすことが可能です。

株の場合は「単元未満株(サービス)」などと呼ばれます。単元未満サービスについては兄弟サイトの証券会社比較.tokyoの下記に詳しく説明していますのでご興味あればご覧ください。
※参考:証券会社のミニ株(単元未満株)サービスを比較

FXの場合のセットは「取引単位(Lot)」と呼ばれるものでしたが, FX会社によって最低通貨単位が1通貨・1,000通貨・10,000通貨と違いがあります。

FX会社の最低通貨単位

※社名クリックで業者の口コミ・評判ページへ

【結論】FX投資はいくらかかる?

FXの場合は1,000通貨単位でもレバレッジを使えるため, 併用するとFX投資の最低投資資金は以下のようになります。

・FX:「米ドル円」の最低投資資金
最低投資資金
= 123円(ドル円レート)×1000(通貨単位)÷25(レバレッジ)
=4,920円

数千円からFX取引が可能」と言うのはこのような意味です。

とは言え, 上記はあくまでも最低投資額。 投資をする場合は少なくても最低投資資金の2倍は持って投資をしましょう。

(HOME)へ戻る

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。