FXを始める前に知っておきたい3つの特徴

更新日 2017年9月29日

FXの特徴

このページの概要

「FXの特徴」の画像

特徴1) レバレッジをかけた投資

FXは証拠金に可変的なレバレッジをかけて取引できるところが大きな魅力となっています。

国内では個人投資家には最大25倍のレバレッジの利用が認められていますので, 100万円の証拠金があれば実に2,500万円の額面分の取引ができることになるのです。

これは株式の現物売買などと比べてもかなり有利な投資方法となります。
レバレッジとは?

特徴2) 買いからでも売りからでも市場に参入できる

FX取引は、株の売買などと比較してもう1つ大きな特徴を持っています。
それは相場の状況に合わせて買いからでも売りからでも市場に参入できることです。

株式の場合基本は買いから入らなくてはならないわけですが、FXならば売りからでもポジションをつくって利益を上げることができるところが非常に大きなポイントといえます。
売りから入る(空売り)ってなに?

つまり下げの局面でも大きな利益を得ることができますし、通常の上昇局面でも当然利益を上げることができるのです。

実際には、二つの通貨ペアを選択し、その通貨ペアが上がると思えば買いのポジションをつくり、下がると思えば売りのポジションをつくるという実にシンプルな売買をおこなうことになるのです。

これがFX最大の利益ソースということになります。

特徴3) スワップポイントで稼ぐことができる

さらに FXでは金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買い, ニューヨークタイムの引け以降までそのまま保持し続けますとスワップポイントという金利相当分の金額がもらえます。

たとえばトルコリラ円の場合, で1万通貨を買い持ちにしていれば 一晩で110円がもらえる勘定になります。(2017年10月時点) こちらも売買とは別の利益ソースということになるのです。
トルコリラを取引するのにオススメのFX会社は?

ただし, 高金利通貨を売って低金利通貨を買いますと逆に金利相当分を支払うことになりますので、注意が必要です。

このように、相場の状況にあわせてうまくポジションを保有していけば、しっかりと利益を出すことができるのがFXの特徴であり, さらにレバレッジを利用することで実体の投資額以上の大きな投資を実現することもできるところに魅力を感じる投資家が多いのです。

しかし, 大きな利益がでるということは、逆に損失がでれば大きな含み損をかかえることになります。 そのため, 損を出さない売買を継続させていくことが重要になるのは言うまでもありません。

(Home)へ戻る

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。