FXで大損しないために何に気をつけるべきですか?

更新日 2019年7月12日

大損しないために気をつけること

このページの概要

「大損しないために気をつける点」の画像

詳しく解説

以下、3点を頭に入れてトレードすることをオススメします。

損切りをマスターする

損切りとは「損失を確定する決済のこと」ですから、とりわけFX初心者にとって気持ちの良いものではないはずです。しかし、一定の範囲で損切りをすることが極めて重要になってくるFX取引です。損切をマスターせずにFXで勝ち続けることはできず、待っているのは‘大損’のみ。

損切り=損失を確定させること、ではなく、損切り=資金を確保すること、と覚えて下さい。値動きの激しい為替相場で、次の取引の為に資金を確実に残す唯一の方法が損切りなんです。損切りは勝つためのステップ。その思考パターンを植え付け取引することで、少なくとも大損を避けることができるはずです。

相場急変時に役立つ損切り注文

まさか!?の自体で相場の急変が起き, 「1秒でも早く損切りしたい!」 と思ったときには の全決済注文が便利です。 保有しているポジションを問答無用で決済してくれますので、特にポジションに対してストップオーダー(損切り注文)を入れない方には強くお勧めです!

負けないルールに基づいてトレードする

為替チャートを見て、「レートが上がりそうだから買い…」という類の根拠のない取引をする、つまり感情的に取引すると必ず負けます。「テクニカル指標がどのようなシチュエーションでどんなサインを出したら買い(売り)」などの明確なルールに基づいてトレードすることが大損しないコツです。

ルールに調整が必要な時は調整し、負けないルールを作り上げ、そのルールに基づいてトレードし続ける事。これをしっかり守れば、大損はしないはずです。

売買ルール構築時に役に立つFX会社

FXの取引ルールを考えるときにまず頭の中で理論を構築した上で、デモ口座で試して見てホントに勝てる取引ルールか否かを調べるのが一般的ですが、それだと結果が出るまでに数日、取引ルールによっては数ヶ月かかるケースもあります。
※参考:FX会社のデモ口座サービス一覧

そんな問題を解決する方法としての提供している自動売買サービスが役に立ちます。こちらは様々なテクニカルの中からストラテジ(売買戦略)を作れるサービスで過去のレートを使ったバックテストもできますので、自分の考えている売買ロジックで利益が出るか否かの結果がすぐにわかるサービスになっています。

自動売買サービスはマネパで口座開設すれば誰でも無料で利用できますので、興味がある方は口座開設を検討されてみてはいかがでしょうか?(もちろん口座開設/維持も無料です!)

(Home)へ戻る

情報展開のご協力をお願いします!

記事が役に立つと思ったらシェアして下さい

  • □ 著者: 瓜生勝

株・FXの記事をお探しならこちら

他の記事をお探しですか?こちらから株式投資・外国為替の記事を検索できます。
※株式はの記事です。